えほんやるすばんばんするかいしゃ

東京・高円寺の古絵本屋「えほんやるすばんばんするかいしゃ」の絵本紹介ブログです。

チェコのえほんや・絵本紹介6  

6回目になりました! チェコ絵本の紹介。

ふだん自分のお店に関してのブログなんて全然書けませんが、人の紹介ならなんとか書けています。
少しずつですが、続けてゆこうと思います。

あ、ブログに載せている本のお問い合せも大歓迎です。とっても、うれしいです!
ただ、メールとかのお返事が遅くてもうしわけないです。スミマセン。
すぐ対応できるよう、がんばります。まだtwitterがだいぶわかりません。

というわけで、今日の一冊目です。
インドジーフ・ノヴァークさんという方のイラストです。なんとなく、いい名前。

083.jpg

よくみると、おもしろい手足のクマさんです。

085.jpg

おもしろい見返し!タマゴと靴がならんでます。気になります。

087.jpg

このワニが素晴らしいですね!!かわいらしいです。


135.jpg

吹いてますねー。

089.jpg

靴、でてきました。


133.jpg

食べちゃってます。 ちょこちょここういうのがあって楽しませてくれます。


決して明るい色使いではないんですが、深みがあって素敵なタッチで描かれているこの作品。
生き物がかわいく描かれているので、そこで暗くなりすぎないバランスがとれているのかしら、とも思いました。

ページ数のところの絵は、たくさんあって何度も見返したくなってしまいます!
こういう画家さんの遊びみたいな部分、とても好きです。
描いているところを想像すると、とても楽しそう!!


さて、二冊目です。

002_20110624094350.jpg

005_20110624094349.jpg

007.jpg

かわいそう!だけどこのページがなんか好きなんです。

012_20110624094348.jpg

この女の子、おしゃれさんだなぁ。

014_20110624094348.jpg

013.jpg

017.jpg

この余白のかんじが好きです。赤いブーツもかわいいです。

イトカ・コリーンスカーさんという女性のイラストによるこの絵本。

静かな時間がながれる印象のこの絵本。正直、少し地味なんですけど、スゴクいいんです!
淡々とした絵の雰囲気、構図とかレイアウトも素敵で、センスの良さをかんじます。

最初はふーん、いいかもくらいに思っていた本が、何度も開いて見返してみると
わー、この本すごい!ってなることも時々あります。うれしい発見です。
なんとなく、そういう底力?のある本っていいなぁと思います。

今日は、そんな二冊の紹介でした!


あ、今日金曜日谷岡さんいらっしゃるのでした!
いろいろ珍しい本も持ってきてもらってます。なかなか見る機会のない原画や、貴重な本などなど。
奥深いチェコ絵本の質問や、買い付けに関することなど質問は谷岡さんまでー!


<今回、紹介させていただいた本>


①「Medvidkuv denik」1974年

文・Gennadij Cyferov
絵・Jindrich Novak



②「Polstar plny pribehu」1971年

文・Ota Safranek
絵・Jitka Kolinska 



(イソガワ)

category: チェコのえほんや

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://rusubanban.blog51.fc2.com/tb.php/7-19c60325
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)