えほんやるすばんばんするかいしゃ

東京・高円寺の古絵本屋「えほんやるすばんばんするかいしゃ」の絵本紹介ブログです。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

コラージュなどの絵本、カレル・タイスィクとミラン・グリガル  

最近めっきりと気温が下がったと思ったら、いつのまにか秋がやってきたのですね。
あたたかい飲み物とゆったりと読書・・・がしたくなる季節になりましたね。


さて、今日は、先日紹介したものとは、少し違う雰囲気のものを。


まずは、こちらの作品。

060_20120925005904.jpg
「Pippi dlha pancucha」1976年 ※おかげさまで売り切れました。

061_20120925005903.jpg

062_20120925005902.jpg

この髪型、見覚えがありますよね!

064_20120925005900.jpg

065_20120925005859.jpg

066_20120925010037.jpg


この作品は、カレル・タイスィク(Karel Teissig)さんの手掛けた、「長くつ下のピッピ」。
ポスターなどを多数手掛ける、毒のある独特なコラージュが特徴の彼の作品は、
身体に悪いけど美味しいモノを食べているときの罪悪感や、怖いけど見てしまう映画とか、
なんだかそういったキケンな魅力に溢れている気がします。


佑学社さんから出ていた、「アフリカの民話」 という作品も、一風変わったコラージュで、
はじめて見たときの印象が心に強く残っています。
今、この方だったのかー、と納得! 



お次はコチラ。

003_20120925010404.jpg
「Na minutku o mamutku wiktor woroszyiski」1969年 \5,500-

006_20120925010403.jpg

008_20120925010401.jpg

007_20120925010402.jpg

ミラン・グリガル(Milan Gryagar) という方の作品です。
象、と思っていたのですが牙があるのでマンモスなのでしょうか。


渋めの色合いと、コミカルな表情をほんの少し残し、無駄のないデザイン。
素晴らしいですっ! こういう事ができるなんて、本当に心から羨ましい!!

今回のチェドックさんのセレクトの中でも、この作品が個人的にかなり好きです。

クヴィエタ・パツォウスカーなどのグラフィックデザインを手掛けていた方だそうです。
そして、パツォウスカーの旦那さま!なんだそうです。 
へー、びっくりです。

とんがった素敵なご夫婦ですねー。素敵。



チェコの絵本の世界は本当に奥深くて、まだまだ魅力的な作家さんがたくさん。
こういったグラフィカル(という言葉はちょっと苦手なのですが・・使おう)な
作品も多々あり、そしてそれらがまた良い作品ばかり!!!

また改めて、紹介させて下さい。



219.18.103.8 (1)

※電話や、メールでのご注文も承ります。お気軽にお問い合わせ下さい!
------------------------------------
「チェコのえほんや」
期間:2012年9/21(金)~10/30(火)
主催:チェドックザッカストア
場所:えほんやるすばんばんするかいしゃ
住所:東京都杉並区高円寺南3-44-18-2階
営業:14時~20時すぎ (土日は12時~の日もあります)
定休:水曜日
電話:03-5378-2204
メール:rusubanban★gmail.com (★を@に変換してください)
------------------------------------

category: チェコのえほんや

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。