FC2ブログ

えほんやるすばんばんするかいしゃ

東京・高円寺の古絵本屋「えほんやるすばんばんするかいしゃ」の絵本紹介ブログです。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

チェコのえほんや・絵本紹介2  

今日は、あらきが担当です。

こういうの人生で初めてやってみます。

よろしくおねがいします。


只今開催中のイベント「チェコのえほんや」から1冊選んでみました。

日々ぼーっと店番やってますが、ぼーっと見ていて

特に気に入った本を紹介していこうかと思います。


今回は、これ。

003_20110619003148.jpg


↑表紙です。

こういうのは、お世辞とかそういうのは抜きにやっていこうと決めましたので

表紙の感想(つまり第一印象)を言うとすると、「そんなにパッとしないひとだな」

という感じです。まあ、本なのでパッとしない本だな、ということになります。


でも、どんなひとでもしゃべってみないとやっぱり分からないので

本も同じだ、と思いページをめくってみました。

するとこうです、こんなページです。


006_20110619003147.jpg

あら、と思いました。

なかなかすてきなひとだと思いました。

でも、本なのでなかなかすてきな本だと思いました。

中に書いてある絵は、どうも悪い人たちのようですが

この際それはどっちでもよく思えました。

ちょっと興味がわいてきたので、もっと知りたくなりました。

ページをめくります。

015.jpg

ゾウ。

019.jpg

あ、ライオン

011_20110619003146.jpg

たぶん、くるま。

009_20110619003415.jpg

これは魚が、船を食べてるところ。

でも、ちょっと潮をふいているのでクジラかもしれないです。


016.jpg

こんなページや

014_20110619003512.jpg

こんなページもあります。

これは、ロボがゾウの散歩しているところでしょうか。
でも、傘をさしているので散歩日和ではなさそうなので、
実際はどういう状況なのかわかりませんが気になります。


まだまだ紹介したいページはたくさんあるのですが、
この本をずーっと眺めていたら、いつのまにか気に入っておりました。
数日後、個人的な気持ちを整理してみたところ、
単純に絵が好きだっていうのは、もちろんなのですが
表紙の雰囲気と中の絵の雰囲気のギャップがたまらなかったのだと気付きました。


見知らぬ国の、言葉も通じないなんとなくさえない印象のひとと
きちんと向き合ってみたらみたら素敵で面白いひとだと思ったのと少し似ています。
まあ、実際にはそんな経験ないのでどういう感じか知りませんけど、たぶんそんな気持ちです。


以上、この絵本の紹介でした!


チェコ語が全然読めないので、内容は正直分かりませんでしたが
貿易(密輸?)のはなしかなぁ、と思いました。
悪い人や、取り締まる人、船や魚、ゾウなんかも出てくるしたぶんそんなような
内容だと思います。

この本の言っている事の90%くらい理解できてないと思いますが、
字が読めても、理解できないことがあるので結局そんなものかな、
と思うことがあります。でも、読めるほうがやっぱりいいですね。


今回は、こんな風になりましたが次回はもっとあっさりさせたいと思ってます。

結局、アピールが弱かったので今後の反省点とし次回につなげたいと思います。



<今回、紹介させていただいた本>

「Kokrhaci hodiny」1965年
文・Ivan Klima
絵・Miroslav Klominek


えほんやるすばんばんするかいしゃ あらきでした

category: チェコのえほんや

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://rusubanban.blog51.fc2.com/tb.php/3-fb0136b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。