えほんやるすばんばんするかいしゃ

東京・高円寺の古絵本屋「えほんやるすばんばんするかいしゃ」の絵本紹介ブログです。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

イロニワ展:絵本の紹介⑤  

今回紹介する本は、PUSH PIN STUDIOSに関する二冊です。


一冊目は、「BOOKS!」ジョン・アルコーン画(John Alcorn) 1962年
(※抽選販売の本になります。)

009.jpg

本のハナシの本です。

022.jpg

このショッキングピンクが最高なんです、実に。

010_20120310032103.jpg

015_20120310032103.jpg

016.jpg

アルファベットの並べ方ひとつで、こんなにも素敵な一枚が生まれてしまいます。


好きすぎて、写真を載せすぎているような気もしますが、大丈夫でしょうか。

018.jpg

あと一枚だけ。

019.jpg

うーむ。 いいですよね。

少し小ぶりで、いい具合のサイズなんです、また。




お次は、コチラ。

「A Book of Battles」シーモア・クワスト(Seymour Chwast)1957年
(※抽選販売の本になります。)

024.jpg

029.jpg

リノカットという版画の技法で描かれています。

030.jpg

この、色。何なんでしょう!

この本の色は、直接筆で彩色され、版画も手刷りのものなんです。


040.jpg

近くで見ると、ますます綺麗です。

036_20120310032322.jpg

シーモア・クワストの作品の中でも、かなり初期の作品になりますが、
この力強い版画と、澄んだ色鮮やかな彩色の中に、反戦のメッセージが
込められた一冊になっています。

様々な詩に、静かに、時に荒く、確かに込められた彼のメッセージ。

じっくりご覧になって欲しい貴重な一冊です。






プッシュピンスタジオとは何かを少しだけ・・

シーモア・クワスト、ミルトン・グレイザーらは、1954年に
NYの同じアートスクールの仲間と「PUSH PIN STUDIOS」という名のデザイン会社を
立ち上げました。 

1950年代から今に至るまで、アメリカだけでなく世界が大きな衝撃を受け、
影響を与えたグラフィック集団です。

ポスターや、レコードや本のジャケットデザイン、有名な「I ♥ NY」のロゴデザイン
などなど・・ 数々の名作、刺激的な作品が生まれました。


ジョン・アルコーンは、初期の頃プッシュピンスタジオに在籍していました。
彼の色、タイポグラフィのセンスは、プッシュピン時代に得たものが
大きいのではないかと思います。




才能が集まるって、すごいことが起こりますね。
うらやましいかぎりです。

いつかプッシュピンあたりも、改めて特集してみたいな、と思ったりします。



それでは、また次回をお楽しみに!




(えほんや イソガワ)

category: イロニワ展

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://rusubanban.blog51.fc2.com/tb.php/22-be868ddd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。