えほんやるすばんばんするかいしゃ

東京・高円寺の古絵本屋「えほんやるすばんばんするかいしゃ」の絵本紹介ブログです。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

イロニワ展:絵本の紹介  

少しずつスタートの日が近づいてきました、イロニワ展。


えほんやるすばんばんするかいしゃでは、今回"特色刷り"の絵本の特集をします。

年月の経った絵本を見ていると、何ともいえない、ぱぁっと鮮やかなインクの色が
目に飛び込んでくることがあります。

その度に、うっとりしてしまうわたし・・。

紙に染み込んで、紙の上で少しぽってりしているような、あの質感。たまらないのです。




そんなわけで、少しずつ、イロニワ展で販売する絵本を紹介していきます。

今日はこの一冊から。

198.jpg


202.jpg

近くで見ると、またさらにかっこいいんです。

206.jpg

網点とベタを効果的に使っていて、グラフィカルに仕上がっていてかっこいい!

208.jpg

土壌を深く掘っているシーン。

211.jpg

水の中。青と赤がすごく綺麗な発色です!

213.jpg

じっくり見て、なんとなくわかってきたのは、
いろいろなモノの断面図を絵にしたような科学絵本のようなんですが、
この本、惚れました。

--------------------------------

ところで、"特色"とはなんでしょう。

通常、フルカラーの印刷は、4色のインキ(CMYK)を使って印刷し、
様々な色を表現するのに対し、
特定の色のインキを作って印刷することを「特色刷り」というようです。

シアン、マゼンタ、イエローに、色の濃度を変える黒を含めた4色で、
あらゆる色が再現できることになっているそうなんですが、
それでも表現できない色を、昔は職人さんがオーダーを受け、
インキを作っていたんだそうです。
(今は、色は数値化され、全てデータで管理しているのだとか。文明の進化ですね。)


わかりやすいところだと、シルバーやゴールドは、特色。なんだそうです。

こんなお話しを、3/24のトークイベントでお話しして頂こうと思っています!
個人的にも、とっても興味のある印刷のコト。今から楽しみです!!
予約は近日スタートです!ブログ、twitterをチェックしてくださいませ!



カメラでは、なかなかうまく伝わらず(私のカメラの撮り方が悪い)、もどかしいですが、
ぜひ、店舗で実物を見て頂きたい本ばかりです!



(えほんや イソガワ)

category: イロニワ展

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://rusubanban.blog51.fc2.com/tb.php/18-4f605537
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。