えほんやるすばんばんするかいしゃ

東京・高円寺の古絵本屋「えほんやるすばんばんするかいしゃ」の絵本紹介ブログです。

チェコのえほんや・絵本紹介8  

「チェコのえほんや」、延長になりましたー!ので、ブログも続けます!

今日は、クヴィエタ・パツォウスカーさんの二冊です。
個人的にも、とっても好きな作家さんです。

066.jpg

表紙はシンプルですが・・

068.jpg

おしゃれさんな、ブタ? 

073.jpg

069.jpg

わー、おじさんがいっぱい!

070.jpg

075.jpg

こんなに、トウモロコシをスタイリッシュに描いた人はいるでしょうか

078.jpg

載せたい写真がありすぎて、大変でしたが、チェコ好きでもそうじゃなくても、
一度は見たことのあるという方も、多いと思います。

クヴィエタ・パツォウスカーさん。女性です。
わたしは最初、男と思いこんでいたので、今でもたまに間違います。
性別くらいは、一度聞いたらおぼえたいものです。

ちなみに、パツォウスカーのダンナさんも、画家さんです。なかなかよい絵です。

あ、二冊目もあるのでした。

048_20110628221207.jpg

051.jpg

052.jpg

057.jpg


053.jpg

064.jpg


こんなかんじです。なんとも不思議な空気のながれる、この一冊。

今、気付きましたが、パツォウスカーの作品の中でも、なんだかわりとスッキリと
した二つを選んでしまいした! 他の作品では、もっとハデ!!というかんじのものも多いですよね。


赤の印象がとても強い、パツォウスカーの作品。
デザインも面白く、パキっとした色味で、たまにでてくるずっと昔のゲームっぽい雰囲気が
あるおじさんみたいなキャラクターがかわいくて、見ていてあきません。

あ、ミヒャエル・エンデの「モモ」(個人的に大、大、大好きな本・・)のチェコ語版は
パツォウスカーが挿絵を描いているんです!これも紹介すればよかったです。

元の作品は、エンデ自身がモノクロで挿絵を描いていますが、チェコ語版は
数点カラーのイラストも入って、また一味違うモモの世界感が表現されていて、面白いです。


世界的にも、熱狂的なファンの多いパツォウスカー。作品数も、けっこうあると思います。
今回の「チェコのえほんや」では、チェドックさんからたくさんパツォウスカーの作品、
持ってきてもらっています!搬入の時に、びっくりしたほどです。
一つの棚まるごと、パツォウスカーになってますので、どうぞゆっくりご覧ください。

延長後もお待ちしておりまーす


(イソガワ)


「チェコのえほんや」

[期間] 6月2日(木)~26日(日) ※7/12(火)まで、延長になりました
[時間] 14:00 - 20:00
[定休] 水曜日
[場所] えほんやるすばんばんするかいしゃ

・東京都杉並区高円寺南3-44-18-2F
・営業時間:14時~20時すぎ
・定休:水曜日
・電話:03-5378-2204
・メール:rusubanban★gmail.com (★を@に変換してください)
・通信販売:http://rusuban.ocnk.net/

category: チェコのえほんや

tb: 0   cm: 0