えほんやるすばんばんするかいしゃ

東京・高円寺の古絵本屋「えほんやるすばんばんするかいしゃ」の絵本紹介ブログです。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「ロシアの絵本展」第二弾・抽選絵本の紹介  

あっという間に「ロシアの絵本展」が終わろうとしております。。
先週末と先々週末は、店主不在で、中村まふねさんにお店番をお願いしておりましたが、
たくさんのお客様にお越し頂いたようで、ありがとうございます!
まふねさんも、おつかれさまでした&ありがとうございました~!
店内にちょこちょこと、まふねさん手作りのポップが貼られていて、顔がほころびました。
よかったら、見つけてみてください。


さて、会期も残りわずか(7/6まで)なのですが、抽選本の第二弾を紹介したいと思います。

まずは、人気のこの作品から。
IMG_3248.jpg
(1) ウスペンスキー原作/シュワルツマン画「Чебурашка」&「Крокодил Гена」二冊セット
※チェブラーシカ&わにのゲーナ
IMG_3250.jpg

映画・アニメーションを制作した、ロマン・カチャーノフとレオニード・シュワルツマンによって作られた絵本
ということもあり、アニメーションとほぼ同じ内容になってます。
愛くるしいイラストで、映画とはまた違う楽しみを与えてくれる二冊です。
(※「わにのゲーナ」(最初にチェブラーシカがオレンジの箱からでてくるお話)、
「チェブラーシカ」(ピオネールに憧れて、子どものための遊び場をつくるお話)、
の二つの作品が絵本になっています。)


・・・・・・・・・・・
IMG_3239.jpg
(2) ウスペンスキー作/カリノーフスキー画「Крокодил Гена и другие сказки」1977年
IMG_3240.jpg

こちらも、チェブラーシカ関連の作品。
ウスペンスキーの作品集。全体の三分の一がゲーナとチェブラーシカのお話。
カリノーフスキーのイラストが 馴染みのあるものと違って、それもまた面白いです。
右下のオーバーオールを着ている子がチェブラーシカ。右上のおじさま風がゲーナです。
二人とも、だいぶ違う印象! 一見わからないですね。
レフ・チャンドルはあまり擬人化されておらず、もう完全にライオンそのまま。
額に飾られているのは、「ぬすまれたおひさま」の絵・・?芸が細かいです。
一年前、八王子の夢美術館で開催されていた「チェブラーシカとロシア・アニメーションの作家たち」
でもこの原画が展示してあり、観れてうれしかったです。


・・・・・・・・・・・
IMG_3252.jpg
(3) ボリス・ミハイロフ「Как летал Медведь в космос」1973年
IMG_3255.jpg

IMG_3256.jpg

宇宙と映画について書かれたちょっと変わった作品。
写真もイラストも秀逸で、最初から最後まで見応え十分です。
その中でも、このクマはとんでもなく可愛い!映画や宇宙に興味のある方におすすめです!


・・・・・・・・・・・
IMG_3259.jpg
(4) マイ・ミトゥーリチ「Бармалей」1969年 ※サイン入り

IMG_3261.jpg

IMG_3263.jpg

ミトゥーリチの絵による「おおわるもののバルマレイ」。
日本語版(現在絶版)もミトゥーリチなのですが、
それとは違ったイラストが描かれていて非常に興味深いです。
こうしてみると、ワニってやっぱり絵になるなーと思うのです。
みどりのごつごつ、こわいけれどどこかユーモラスで、かっこいい!
それから、テキスト部分も全て手描きなのが素敵!しかも色とりどり。
鮮やかな色彩の、伸びやかな線。ミトゥーリチの魅力が満載の一冊です!


・・・・・・・・・・・
IMG_3244.jpg
(5) タチヤーナ・マーブリナ画「СКАЗОЧНАЯ АЗБУКА」1969年
    ※メルヘン・アルファベット ミニサイズ サイン入り
IMG_3246.jpg

前回の抽選でもご紹介した、マーブリナのアルファベット本のミニサイズ版。
手のひらサイズでころんと小さくなって、愛くるしい一冊です。
小さい本って、無条件に可愛らしくてずるいなーと思っちゃいます。
両方見比べると、また違った味わいで、物の大きさでやっぱり印象って変わるなぁと再確認。
大きくても小さくても、素晴らしいものはやっぱり素晴らしいです!


・・・・・・・・・・・
IMG_3273.jpg
(6) プーシキン/タチヤーナ・マーブリナ「СКАЗКА О ЦАРЕ САЛТАНЕ」1968年 ※サイン入り

IMG_3275.jpg

こちらは、ちょっと変わったつくりの本。
両面印刷の硬い紙が、綴じられずに何枚も入っていて本のようになっているつくりです。

内容は、プーシキンによるサルタン王の物語。
燃えるような赤や、濁りのない青が印象的な絵が盛りだくさんです。
画面いっぱいに広がる、マーブリナの世界を堪能してください!


・・・・・・・・・・・
IMG_3268.jpg
(7) タチヤーナ・マーブリナ「Сказочные звери 」1965年

IMG_3269.jpg

IMG_3271.jpg

こちらも、マーブリナ。動物の絵がたくさんの一冊です。
マーブリナの描く動物たちは、迫力満点!迫り来るような画面が圧倒的。
動物たちの生命がぐぐっと伝わってくるかのよう。
個人的に、マーブリナの作品の中でも大好きな一冊です。


・・・・・・・・・・・
IMG_3279.jpg
(8) オレグ・ゾートフ「Сказки пересказал с турецкого」1965年 ※サイン入り

IMG_3285.jpg

IMG_3284.jpg

トルコの昔話。トラのお話と、キツネのお話の二つのお話が入ってます。
きつねの尻尾が抜けてるイラストが印象的な表紙。
印刷も非常に綺麗で、模様など細かい部分も素晴らしい作品です。
全体的に落ち着いた色味ですが、所々にピンク、オレンジ、水色などを効果的に使っており、
画面全体が美しくまとまっています。
ゾートフが描く作品は、王様やお城などが出てくることが多いのですが、これもまた然り。
それからこの本、ゾートフのサイン入りなのですが、なんとカタカナのサインが入ってます!すごい!
もちろん、キリルのサインも入ってます。このサインも、店頭でぜひぜひ見てほしいです。


・・・・・・・・・・・
IMG_3287.jpg
(9) マルシャーク作/コナシェーヴィチ画「Плывёт, плывёт кораблик」1956年

IMG_3291.jpg

IMG_3293.jpg

IMG_3292.jpg

マザーグースなどの英語の童謡を、マルシャークの言葉で翻訳された作品。
独創的なレイアウトが目を惹くこの作品。
コナシェーヴィチの描く線は実に絶妙。シャープで細かいのに緻密とは違うし、
揺らいでいるような線も独特の雰囲気を醸し出していて魅力的。
うまく言えないのですが、一目でコナシェーヴィチだとわかる線がすごい。
どのページも素晴らしい完成度!1950年代のジワっとした印刷もすごくいい味出してます。


・・・・・・・・・・・
さて「ロシアの絵本展」、7/6(日)までとなりました!
今回、前半・後半で1200冊近くのロシアの絵本をご用意しましたが
この規模・幅でのロシアのイベントは、当分開催できない(出来る自信がない)ので
ぜひこの機会にロシア(ソ連時代)の絵本の魅力に触れてみてくださいね。
残り四日間、お待ちしております!

※ちなみに抽選販売とは・・・ちょっと珍しい貴重な本などを、期間中展示しております。
ご購入ご希望の方は、申し込みをして頂き、会期後にお渡しとなる販売方式です。
ちなみに、ご希望が重なった場合は、厳正なる紙上でのじゃんけん勝負で抽選させて頂きます。
※基本的には店内で受け付けておりますが、遠方の方などもお気軽にご連絡頂けましたら参加可能です。


◆お問い合わせフォーム◆



※ほんの一部ですが、ロシアの絵本を通販でも紹介しています。
http://rusuban.ocnk.net/product-group/23/0/photo?

--------------------------------------------------------------
russia2014.jpg

「ロシアの絵本展」
◎会期:6/5(木)~7/6(日)
◎定休:水曜
◎時間:14:00-20:00
◎場所:えほんやるすばんばんするかいしゃ・店内
( 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-44-18-2F ※JR高円寺駅・徒歩6分 )
スポンサーサイト

category: ロシアの絵本

tb: --   cm: --

《 ロシアの絵本展・テーマ別はじまっています! 》  

画家別に陳列を分けていた、「ロシアの絵本展」。
6/19(木)~、テーマ別に新しく本を追加、陳列を変えました!

IMG_3005.jpg

ロシア絵本には、本っ当にたくさんの動物たちが登場します。
鳥、熊、きつね、うさぎ、ねこ、いぬ、おおかみ、などなど・・・
動物ごとに分けてみました。画家によって、その動物の表現の仕方が違って面白いです!
圧倒的に多いのは、鳥! ロシアでは鳥が身近なのかな、と思いました。
鳥の種類の描き分けも、なんだかすごいんです。

IMG_3009.jpg

そんなに多くはないですが、写真絵本・写真集なども。
IMG_3024.jpg

IMG_3026.jpg

IMG_3028.jpg

こんな感じのも、あります。
あとは、謎のライオンと暮らす家族?みたいなのも・・。見ていてヒヤヒヤする本。
どれも良すぎない印刷がいい味を出しています。

IMG_3038.jpg

こんなかんじのロシア民芸の本も、ちらほら。
普段は絵本のみなので、たまにこういう本を扱えるのはちょっと新鮮で嬉しいのです。
最近こういった民芸などにもすごく興味がわいてきているので、ロシア語は読めずとも、すごく勉強になります。
ロシアの場合は、特に密接に絵本の世界と結びついているのが見て取れるのが、面白い。

IMG_3045.jpg

特大マトリョーシカ!女の子とほぼ同じ大きさ。

IMG_3040.jpg

IMG_3047.jpg

IMG_3049.jpg

かなり、ゆるゆるとした雰囲気を醸しだす、ロシアの粘土の人形。このこたちの表情、たまりません。


IMG_3055.jpg

科学絵本・雑誌も集めました。
デザイン・グラフィックがかっこいいものの宝庫なんです!好きな人にはたまらないと思います。
ぜひ中をご覧頂きたいです!

ざざざーっと紹介してしまいましたが、気付けば7/6(日)までと、「ロシアの絵本展」も残りわずか・・・!
どんどん紹介せねば。また更新します。
お待ちしておりまーす!

--------------------------------------------------------------
russia2014.jpg

「ロシアの絵本展」
◎会期:6/5(木)~7/6(日)
◎定休:水曜
◎時間:14:00-20:00
◎場所:えほんやるすばんばんするかいしゃ・店内
( 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-44-18-2F ※JR高円寺駅・徒歩6分 )

category: ロシアの絵本

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。