えほんやるすばんばんするかいしゃ

東京・高円寺の古絵本屋「えほんやるすばんばんするかいしゃ」の絵本紹介ブログです。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

イロニワ展:絵本の紹介⑩  

モノトーン、自然の褪せた色、印刷のカラフルな色の3種の「色」を
テーマにしたイロニワ展、今週末の25日(日)で、終了となります。

先日は、24日の印刷トークイベントの打ち合わせを金羊社さんと行いました!
私たちも、聞きたいことが盛りだくさんで、あっという間に時間が過ぎてしまい・・
当日が楽しみでしょうがないです。 かなり緊張しますが、楽しんで頂ければと思います!
がんばらねば。



さて、今日は抽選販売の中から、一風変わったこの一冊を紹介させて下さい。


「sketch...book」  ウォーリャ・ホネガー・ラヴァター 1968年
(ワルヤ・ホネガー・ラヴァテール/Warja Honegger Lavater)

008_20120322001349.jpg

印象的なオレンジが、特色で刷られています。

012_20120322001349.jpg

表紙から、心を奪われるこの本。中身も、相当深いんです。

014_20120322001349.jpg

1万年生きているという想像上の画家が、この世界が誕生したときから、
現在、そして未来へと続くアート・絵画の歴史をたどりながら、
彼の感情、そして世情を表現した珠玉の一冊。

暗闇から現れた、世界のはじまり。様々な歴史、変革、
そして激動の時代をくぐり抜けていく様。
最後のページの彼の向こうに広がる未来。
ときには痛いくらいの感情が、言葉で説明する以上に絵から感じられます。


画家の「彼」のインタビューも冒頭にあり、かなり興味深い内容になっています。
一冊を通して、「反抗」がキーワードになっていて、
私は正直まだ、全ては理解できていません。
ただ、逆らう反抗ではなくて、何でもかんでも従わない反抗というか。
うまく言葉にできないのですが、それが芸術を生み出していくということなのかな、
と、今のところの解釈です。

とっても、見ごたえのある一冊です。
何と言ってもアイディア、絵が面白い。唯一無二の作品です!!



彼女の簡単なプロフィールを少し。

ウォーリャ・ホネガー・ラヴァター
(ワルヤ・ホネガー・ラヴァテール/Warja Honegger Lavater)

1913年にスイスに生まれ、最初の9年程をロシアで過ごす。
スイスでグラフィックアートを学び、後の夫となる
Gottfried Honeggerとスタジオを設立し、ロゴやシンボルなどのデザインをしていた。
45歳のときにNYへ移り、「ウィリアム・テル」や「赤ずきん」など
の話を、丸や四角などの形で表した、抽象的な新しい様式で表現した本を出版する。
2007年、スイスで永眠。



本当は、抽選販売の本を全て紹介できたら、と思っていたのですが、
どうも間に合わなさそうです。いろいろ本のことなどなど、ご質問ある方、
お気軽にえほんやまでご連絡くださいませ!




(えほんや イソガワ)

---------------------------------------------------------
イロニワ展
2012.3/3(土)~3/25(日)
場所:高円寺のながれほしの路
企画:IONIO&ETNA、Gallery Cafe 3、えほんやるすばんばんするかいしゃ
協力:ALL RIGHT GRAPHICS

トークイベント「絵本にまつわる印刷のハナシ」
ゲスト:金羊社 聞き手:えほんやるすばんばんするかいしゃ
日時:3/24(土)14:00~、17:00~
場所:Gallery Cafe 3
(各回 定員10名程 要予約)※予約受付終了いたしました
---------------------------------------------------------
スポンサーサイト

category: イロニワ展

tb: 0   cm: 0

イロニワ展:絵本の紹介⑨  

久しぶりの抽選販売で・・ なかなかいつもは見れない本もあったりなので・・
しつこく・・ ブログをアップしています・・

今日は、抽選販売の北欧系の絵本を三冊。
(そしてまた、全部特色刷りというわけじゃないのですが)


まずはこの一冊から。

「MUSIKBUSSEN」 スティグ・リンドベリ画 1956年 
(邦題:にぎやかな音楽バス・・・現在、絶版・品切れ)

005.jpg

バスにのって、音楽を奏でながら旅をする家族のお話。表紙の二人が、まだ何もできないんです。

008_20120318030820.jpg

楽しくなるようなイラストが盛りだくさん。
カラフルで愉快な場面が次々と目に飛び込んできて、何度見ても飽きない一冊です!


スティグ・リンドベリはスウェーデン出身の陶芸家・デザイナー、そしてテキスタイルデザイナー。
さすが、というかんじの素敵な柄・デザインのセラミックばかり。
1960年に西武百貨店の包装紙をデザインしたことも、有名なようですね。
額にいれたくなるような、可愛さ!!
美しいものを作りだす才能にたけていたのでしょう。
 
この絵本の中身も、彼の美意識がぎゅっと濃縮されて、
親しみやすい絵柄の中に溢れんばかりに表現されています。



「Tre sma skoldpaddor」 ポール・ストロイエル画 1954年  

020.jpg

楽譜にイラストを付けた一冊。何といっても、この表紙は目を引きますね!秀逸!

023.jpg

インキがべたーっとのって、眩しいほどの仕上がり。
「ペペと大きならっぱ」という絵本もありましたが、どことなく肩の力が抜けているというか、
ちょっぴりヘンテコ?個性的?
でも、抜かりないデザインで、なんだか心惹かれる、不思議な魅力を持つスウェーデンの作家さん。
あ、これは特色刷りですね。ちなみに。 たまらない質感の印刷です!





「Fredrik med bilen」 エゴン・マチーセン画 1946年 

028_20120318030901.jpg

誰かに似ている気がします。このかんじ。

036_20120318030900.jpg

迷うことなく描かれているであろうイラストたち。
のびのび、思うがままに、自由な発想と筆使いで、そして真摯に絵本づくりに
取りくんでいたからこそ、絶妙なひとコマを描ける人なのでしょう。

日本では、「あおい目のこねこ」が有名なエゴン・マチーセン。
デンマークで生まれ、絵本作家として活躍、そして抽象画家としても有名だったそうです。

ちなみにこの本は、鮮やかな赤、黄、青が特色で所々に効果的に使われています。


北欧の方々の独特なセンスの良さって何なんでしょう。
血に流れているような品の良さというか、何というか。
国がすべてでは決してないとは思うのですが、少しはお国柄というか、何かあるような。
日本の絵本を集めたときに、逆に外国の方々はどういう印象をもってくれるんでしょうか・・。


イロニワ展、ラスト一週間になりました!
どうぞよろしくお願い致します!




(えほんや イソガワ)

---------------------------------------------------------
イロニワ展
2012.3/3(土)~3/25(日)
場所:高円寺のながれほしの路
企画:IONIO&ETNA、Gallery Cafe 3、えほんやるすばんばんするかいしゃ
協力:ALL RIGHT GRAPHICS

トークイベント「絵本にまつわる印刷のハナシ」
ゲスト:金羊社 聞き手:えほんやるすばんばんするかいしゃ
日時:3/24(土)14:00~、17:00~
場所:Gallery Cafe 3
(各回 定員10名程 要予約)※予約受付終了いたしました
---------------------------------------------------------

category: イロニワ展

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。