えほんやるすばんばんするかいしゃ

東京・高円寺の古絵本屋「えほんやるすばんばんするかいしゃ」の絵本紹介ブログです。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

紹介その2「チェコから届いた絵本」  


「チェコから届いた絵本」、おかげさまでいろんな方がいらして下さっていて嬉しい限りです。

少しずつ落ち着いて、わたしもゆっくり見なおしているところです。
うむ、たのしいです。久しぶりにゆっくりチェコ絵本が見られて嬉しい。


今日も少し絵本の紹介をさせてください。


今日は、この一冊から。
IMG_4652.jpg
イトカ・コリーンスカー「Az uvidim hvezdy」1963年

IMG_4654.jpg

IMG_4655.jpg

IMG_4657.jpg

独特のコラージュを用いた、モノクロの静かな世界。

べたっとしてたり、さらっとしてたり、ぼこぼこしてたり。
様々な質感で表現された白黒が表情豊か。
色が無いって面白いな、と思う一冊です。
(黒も白も灰色も、もちろん色なのだけれど・・なんというか。無いのではなくて、少ないのか。)

いつもはいろんな色を使っている画家さんなので、
こういったあらたな世界を表現できるのってすごいなぁと思います。

なんだか、映画を見たような気持ちになる一冊です。



そして、こちらもそんな気持ちになった一冊です。
IMG_4659.jpg
ウラジミール・フカ「Pohadky pro deti, mamy a taty」1961年

IMG_4663.jpg
フカの描く建物も、すーごく好みです。

IMG_4662.jpg

IMG_4665.jpg
こんな水溜りに出会ってみたいなー。楽しそう。

IMG_4667.jpg

ウラジミール・フカの作品は、どれもかっこいいなぁーと思うものばかりですが、
この作品は特にキレがあるなぁ!というかんじでわくわくします。
この本は特に、印刷も本当に素晴らしい。じわっと沁みこんでいる感じがたまりません。
少し小さ目の判型もこの物語の雰囲気に合っている気がします。

フカが描く、宇宙や未来を感じさせる絵は夢があっていいなぁと思います。
子どもも大人もなんだかドキドキするかんじ。



最後にこの一冊を。

IMG_4822.jpg
アドルフ・ザーブランスキー「Sladek detem」1949年

IMG_4825.jpg
この見返しが好きです。
空や自然の綺麗な色を、ぜーんぶこのページに集めてくれたような気がします。


IMG_4830.jpg

IMG_4827.jpg

IMG_4834.jpg

このページも、いいなぁと思いました。
IMG_4832.jpg

普段は苦手な虫も、ザーブランスキーが描くと魔法のように愛おしく感じるから不思議です。
蜘蛛はクリスマスのオーナメントのように、蜂の飛ぶ様子はリボンが舞うように美しい。
控えめだけれど丁寧にのせられた色に、ザーブランスキーのお人柄がでているような・・
勝手な想像をしてしまいます。
みんな、どんな人だったんでしょう。気になるなぁ。

まだまだ良い本があるので、また紹介させて下さい。
ゆっくり見られるいい機会です、お待ちしております!
(1階はだいぶ寒くなってきました、あたたかい恰好でいらして下さいませ!)


るすばん 荒木純子

omote.jpg

---------------------------------------------
「チェコから届いた絵本」
2015年12月11日(金)~29日(火)
 
えほんやるすばんばんするかいしゃ 1階ギャラリー
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-44-18
電話:03-5378-2204
営業:14時~20時
定休:水曜日
高円寺駅・徒歩6分/新高円寺駅・徒歩12分
 
チェドックザッカストアHP http://www.cedok.org/
----------------------------------------
スポンサーサイト

category: チェコから届いた絵本

tb: --   cm: --

「チェコから届いた絵本」12/11からはじまりました!  

一年に数回のみ動き出す、絵本紹介のブログです。

このたび、12/11~12/29まで、「チェコから届いた絵本」と題し、
浅草のチェドックさんから300冊以上お預かりして
高円寺の店舗の一階ギャラリーにて、チェコ絵本を大特集しています!


一年に一回ほどのペースで、チェドックさんにチェコ絵本のイベントをして頂いているのですが、
毎回驚くのが、まだまだ見たことのない本って、本っ当にたくさんあるのだなぁということ。

そして、前にも見たけれど、改めて見ると、ぐっと好きになったり、違う印象を感じたり、と
時が過ぎるのって、いろいろな気持ちの変化をもたらすものだなぁと、しみじみ。
そして、少し離れると、自分の記憶がいろいろ薄れている(忘れている)ものだなぁと、こちらもしみじみ…。
新鮮に、チェコ絵本を楽しんでおります!

ぜひたくさんの方に見て頂きたいなぁと願います。
少しずつ、チェコ絵本の紹介をしてゆきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します!



まずは、この本から。
IMG_4556.jpg
「CELY LES ZPIVA」1962年 画:Sona Vorlickova

IMG_4562.jpg

IMG_4579.jpg

IMG_4564.jpg

たくさんの絵本を持ってきてくださった中で、設営中、作家ごとに本を分けたりしている最中に
この絵本を見つけたときは、そうだ、チェコの絵本ってかわいいんだった・・そうだよなぁ・・・と
なんだかふっと手を止めて、しばらく眺めてしまいました。
はやく陳列しなければと思うのですが、まぁまぁ落ち着いて可愛いものを見て楽しみながら
やるのがいいよーと言われたような、、、言われていないような、、、。

単純に、かわいいって、元気をもらいます。

あかるい表紙からも楽しさが溢れ出ている気がします。
切り絵が多く用いられ、いろんな動物や植物がたくさん登場する作品です。

ちなみに、見返しも素敵だったのでした!
IMG_4566.jpg





二冊目は、大好きな画家さんの本を。
IMG_4545.jpg
「Panacek Svicko」1964年 画:オタ・ヤネチェク(Ota Janecek)

IMG_4547.jpg

IMG_4552.jpg

IMG_4550.jpg

1ページまるごと使った幻想的な絵と、ながれるような線画に1色だけ色のついた四角をのせた絵、
どちらも素晴らしく、ざらっとした手触りの紙との相性も本当に抜群です。

IMG_4549.jpg

IMG_4553.jpg

IMG_4554.jpg

こういった、余白が美しいレイアウトに憧れます。
ヤネチェクの作品は、昨年あたりから特にお気に入りで、何気なく聞いていた良い歌が
今じっくり心に沁みるような感じで、ページをめくるたびに感動しています。
ヤネチェクの絵は、寒い日や、眠れない夜や、眠れない夜に飲むあたたかい飲み物に似合う気がして
この時期特にぐっときます。他にも良い作品ありますので、ぜひぜひ色々見てほしいです。
(ちなみに、今回のイベントのDMの鳥の絵もヤネチェク氏の絵を使わせて頂きました。)





こちらも、ぐっときた作品。
IMG_4567.jpg
「Zamrzla studanka」1969年 画:アントニーン・ストゥルナデル(Antonin Strnadel)


IMG_4572.jpg

IMG_4576.jpg

IMG_4575.jpg

IMG_4578.jpg

IMG_4574.jpg

IMG_4577.jpg

なんだか夢にでてきそうな、独特の世界に引きずりこまれる作品。
一度この世界に入ってしまうとなかなか抜け出せなさそうです。
白黒のイラストのページでは、油性ペンで描かれたようなタッチのゆるさがたまりません。
少しスタインバーグを思わせるような線の描き方もあったり。面白いです。

(チェコ語がわからないので)絵を追っていっても、全くどういう話なのかわかりませんが、
とにかく、格好いい!あやしさがぐるぐると頭の中に充満していく感じが好きです。
前に見たときよりも、なんだかぐっときて嬉しい。

このストゥルナデルという画家さん、他の作品ではこういう雰囲気ではないようで、
この作品では何があったのか、他にもこういった感じで描いているのか、色々気になります。

遠慮なしに、自分の描きたいものを描いたのかなぁ、と想像してみたり。
もちろん、お話に合わせて描いたのだろうけど、なんだか読み手や自分に遠慮なく、
緊張感も保ちつつ、やりきっているかんじ。格好いいなぁ。
ただただ自分を解放しただけでなく、そこに良い緊張感と厚みのようなものを感じます。





最後に、この一冊を。
IMG_4537.jpg
「Zlatovlaska」1968年 画:ヴィエラ・クライツォヴァー(Viera Kraicova)

IMG_4539.jpg

IMG_4543.jpg

IMG_4541.jpg

スロヴァキアの画家さんのようです。
肩の力が抜けたような、色とりどりのちぎり絵が素晴らしい作品!
(実際はものすごく色々考えて制作されているはず・・・
それが押し付けになってないような、どこかぬけたかわいさがあるのが好きです)
この本は、今回のイベントではじめて見ましたが、素晴らしい作品がまだまだあるのだなぁと
なんだか嬉しくなった作品のうちのひとつです。
こういう発見があるのは、楽しい!



なんだか久しぶりにブログを書いたので長くなってしまいました。
またチェコ絵本を紹介していきたいなと思っております。また書きます。
ぜひぜひ、実物を見に来て下さると嬉しいです!


るすばん 荒木純子

omote.jpg

---------------------------------------------
「チェコから届いた絵本」
2015年12月11日(金)~29日(火)
 
えほんやるすばんばんするかいしゃ 1階ギャラリー
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-44-18
電話:03-5378-2204
営業:14時~20時
定休:水曜日
高円寺駅・徒歩6分/新高円寺駅・徒歩12分
 
チェドックザッカストアHP http://www.cedok.org/
----------------------------------------

category: チェコから届いた絵本

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。